診察を受けている女性

注意点

削る

日本人は歯並びに関して自信がなく、コンプレックスを抱いている人が非常に多いのです。それは戦前と比べて日本人の食生活が大きく変わってしまったためなのです。めざし、みりん干しといった噛みごたえのある固い食材を日本人はほとんど食べなくなってしまいました。それと引き換えに欧米型の柔らかい肉類やパンなどを主食とするようになり、未発達な顎の人が非常に多くなってしまったのです。そのことで顎に綺麗に歯が生えず、出っ歯や八重歯となってガタガタな歯並びになっているのです。そのため大人になってからも矯正歯科治療を受けようと考える人も少なくありません。しかし矯正治療を受ける前には非常に覚悟し注意しなければいけないことがあるのです。

その一つが数年間ワイヤーやブラケットを交換するたびに痛みに耐えなければいけないのです。また歯の表面などに装置がついているため虫歯リスクが高く、それに対して注意や徹底したケアが必要になるのです。しかし最近では矯正歯科治療も多様化が見られ、一部矯正歯科治療の弊害を回避した治療法も提案されるようになっているのです。それがマウスピースを用いた矯正歯科治療なのです。マウスピース装置は自分の手で着脱可能であり、従来の歯の表面に装置をつける治療法とは異なり歯磨きを徹底させることができるのです。そのためマウスピース矯正は虫歯リスクが最小限であり、最近特に注目される矯正歯科治療になっているのです。また費用も従来のワイヤー治療よりも比較的リーズナブルなのです。